家族の安全を守る世界に1つだけの印鑑

意外と知らない印鑑と書体の関係

印

普段何気なく使っている印鑑ですが、よく見ると印鑑の書体がそれぞれ違うことにお気づきでしょうか。実は印鑑の使用目的によって、ある程度使われる書体が決まっているのです。例えば、印鑑の中で最も重要視されるのは実印ですが、実印には篆書体が用いられることが多いです。篆書体は現代で使われる文字とは異なった形状をしているため、偽造される可能性が低く、本人の証明となる実印に最適な書体とされているのです。
一方、銀行印に用いられることが多いのが吉相体です。篆書体をベースとしながらも八方に文字が流れているような感じが特徴的な書体です。篆書体よりも読みにくさが増しているため、実印に向いていると思われがちですが、この書体は文字照会が難しいため、実印としては認められないこともあります。そのため、偽装されないことが重視される銀行印に使用されます。そして、私たちの生活で最も身近なのは認め印です。認め印に使われる書体は読みやすさが重視されるため、隷書体や古印体のような誰でもすぐに判読できるような書体が用いられます。
このように印鑑の用途によって、使われる書体自体も異なっているのです。書体の特徴をしっかり把握して、使用目的に合った印鑑を作成することが大切です。

意外と知らない印鑑と書体の関係

印

普段何気なく使っている印鑑ですが、よく見ると印鑑の書体がそれぞれ違うことにお気づきでしょうか。実は印鑑の使用目的によって、ある程度使われる書体が決まっているのです。例えば、印鑑の中で最も重要視されるのは実印ですが、実印には篆書体が用いられることが多いです。篆書体は現代で使われる文字とは異なった形状をしているため、偽造される可能性が低く、本人の証明となる…

TOP