データ分析の資料

依頼内容にふさわしいジャンルの弁護士を選択しましょう

決算報告書

弁護士は法律の専門家であり、他の士業と比べて扱える範囲がとても広いです。訴訟代理人になることや対価を得て法律相談をすることなどは、原則として弁護士しか扱うことができません。したがって、法律のことで悩みがある場合は、弁護士へ相談することで解決できる可能が高まります。
ただし、弁護士といってもそれぞれ得意としている領域が異なるため、依頼内容に合わせて弁護士は選ぶ必要があります。相続や離婚などの民法のジャンルもあれば、犯罪に関する刑法の分野、そのほかにも行政法や会社法もあって、さらにそれぞれが細分化されていてとても一人の弁護士では扱えないので、普通はどこか専門領域を持って活動しています。
それぞれの弁護士が何を専門としているのかは、法律事務所のホームページや法律事務所の検索ができるサイトなどを見るとわかります。この分野は当事務所にお任せください、といったような表現で宣伝しているため、一目で理解することが可能です。
大阪は東京に次ぐ大都市圏なので、法律上の争訟も多く弁護士需要があるため、弁護士の数自体も豊富です。大阪弁護士会には約4600名もの弁護士が登録しています。そして、大阪のような大都市こそ地方都市と違って専門分野の細分化が進んでいるため、相談したい法律分野に合っている方を見つけやすくなっています。もし、法律に関する問題で悩みがあるのであれば、弁護士へ相談しましょう。