家族の安全を守る世界に1つだけの印鑑

印鑑のあれこれ

印鑑と印鑑入れ

個人の印鑑は大きく分けて実印と認印になりますが、シャチハタは公的な文書には使用できません。実印は住民票を有する市区町村に登録している印鑑のことで、各自治体によって規定の差がありますが、一般的に25ミリ以下の印鑑で、13.5ミリから18.0ミリがよく利用されています。戸籍上の姓名で登録しますが、独身の女性のは、結婚により姓が変わるので、名前で作成する場合もあります。ただ、自治体によって姓名のみの所もあるので、事前に確認が必要です。素材は最も多く使用されているのが黒水牛になりますが、他に彩樺やチタン、琥珀などもあります。
書体は篆書体と吉相体が人気です。実印は防犯上から陰影が複雑な方が良いと言われ、例え家族でも使い回しが出来ず、真似しにくい篆書体や吉相体が良いと言われます。女性は柔らかい印象になる細篆書体が人気です。実印は印鑑店で作成しますが、近年はインターネットでも可能になりました。
実印を使うのは、金銭が絡む重要な取引になります。例えば、不動産の売買、相続や自動車の購入時など、本人確認が必要な際に押印し、印鑑証明を添付します。一方、認印は日常的な書類の確認印として使用します。三文判でも対応可能ですが、自分だけの認印を作成することもできます。サイズはポピュラーなのが12ミリになります。また、認印とは別に専用の銀行印を用意する方が安心です。壊れ難い耐久性のある素材を選ぶことをお勧めします。

意外と知らない印鑑と書体の関係

印

普段何気なく使っている印鑑ですが、よく見ると印鑑の書体がそれぞれ違うことにお気づきでしょうか。実は印鑑の使用目的によって、ある程度使われる書体が決まっているのです。例えば、印鑑の中で最も重要視されるのは実印ですが、実印には篆書体が用いられることが多いです。篆書体は現代で使われる文字とは異なった形状をしているため、偽造される可能性が低く、本人の証明となる…

TOP